仲介とどこが違うの?

「不動産の仲介」とは、宅地建物取引業者が、売買・交換・賃貸の取引について、売主と買主(または貸主と借主)との間に立って、「取引成立」に向けた営業活動をすることです。不動産会社としては、自社への委託を受け、最終的には「取引成立」によって仲介手数料をいただくことが目的となります。

しかし、「不動産コンサルティング」は仲介から独立した業務ですので、「取引成立」を前提とせずに、お客様の問題解決に向けたご提案をおこない、そのご提案に対して報酬をいただくことになります。

コンサルティングの結果、売却や賃貸といった方法をおすすめする場合もございますが、「仲介から独立した業務=自社での受託を前提としない」ため、公正、中立かつ客観的な立場からのご提案をいたします。

 

▲このページのトップに戻る