登記費用

不動産を建築または購入した場合には、所有権保存登記や移転登記が必要です。

住宅ローンを借りた場合には、抵当権設定登記が必要になります。

登記所に納める登録免許税(標準税率)は、所有権保存登記の場合で法務局認定価格の4/1000、所有権移転登記の場合で固定資産税評価額の20/1000、抵当権設定登記は債権金額の4/1000です。

ただし、建物の築年数や規模、種類によって軽減税率が適用されますので、物件ごとに確認が必要です。

また、登記手続きは司法書士さんへ依頼することが一般的ですので、その場合には司法書士手数料も必要となります。

▲このページのトップに戻る