建物状況調査(インスペクション)費用

中古建物の取引に際して、取引の透明性を高め、瑕疵担保責任のリスクを軽減するために、建物の劣化状況を調査することが徐々に増えてきました。

必ずしも売主が負担する性質の費用ではなく、購入希望者が費用を負担して行われる場合もありますが、実際の不動産市場においては、あらかじめインスペクションが行われている物件の方が競争力が高いこともあり、売り出される前に行うほうがおすすめです。

2018年4月より、不動産の重要事項説明にも建物状況調査(インスペクション)に関する説明の記載が義務付けられました。

今後ますます利用されてゆくようになるのではないかと思います。

 

 ←「不動産コラム」に戻る

▲このページのトップに戻る