買い替えは難しい?

お住み替えにおいて、買い替えは難しいと言われています。なぜでしょうか?

 

例えばこれまで賃貸住宅に住んでいて、新しくマンションを購入する場合。

この場合、まずはマンションの購入契約をして、引渡しの時期に合わせて今住んでいる家の退去届けを出せばいいだけです。(一般的には1か月前でしょうか。) リスクはあまり有りません。

 

または、今住んでいる分譲マンションを売却して、ご実家に同居するなんていう場合。

この場合は、お引っ越しを済ませて、空っぽになったマンションを売り出すことができます。
住宅ローンの残債などの問題はあるかもしれませんが、良い条件のお客様が現れるまで、じっくりと時間をかけることも可能です。

 

しかし、お買い替えの場合そうはいきません。

 

なぜなら、一般的にお買い替えの場合は、単に「売却する」・「購入する」だけではなくて、「売却した代金を充当して、次の物件を購入する。」という条件がつくからです。(もちろん例外もありますが。)

 

購入物件の引渡しの時期がきても、今のお住まいが売れていないと、新しい家の決済ができないかもしれません。

引っ越しができたとしても、前の家が売れるまで2重にローンを支払わなければいけないかもしれません。

 

こうしたリスクをどうやって回避するかを良く考えないといけないのです。

当社は、『安全なお住み替えを成功させるためのお買い替え方法』をご提案いたします。

 

▲このページのトップに戻る